お誕生日プレゼント

この秋の3連休、皆さんどうお過ごしでしたか?
私は稲刈り三昧@3歳の子ども連れ。
刈り取った稲のモミを乾燥施設まで運ぶのが私の仕事なんですけど(子ども連れているとそれしか出来ない・・)、遊びたい盛りの子どもと常に一緒にいながらのモミ運び・・思ったより疲れました(笑)
今年の稲刈りから2㌧トラックにも乗るようになり、すっかり農家の母さんが板についてきたような気がする今年の秋です。

あー、やっと連休が終わった!!

休みの間、どこにも遊びに連れて行ってあげられなくてゴメンよ、息子。しかし、君には自然の宝庫があるじゃないか!(と言い訳してみる)

そんな中、義母への誕生日プレゼントのバッグが出来ました。
今回、思ったより難しくて、何回も途中でほどいてやり直したりしたので、予定より約1週間遅れて完成。しかし、誕生日には間に合ったから良かった。

      IMG_2973_convert_20140916021354.jpg

      IMG_2978_convert_20140916021446.jpg

今回はグラニーではなく、持ち手付きのハンドバッグです。
今年の春に義母から頂いた、着物のショールをリメイクしました。
このショールが毛足の長い別珍と、短いベロア。縫うのに苦労しました。
表地の朱色が別珍で、バラの柄を活かしたくて裁断は緊張です。

       IMG_2977_convert_20140916021546.jpg

バッグの口布と、内布の見返し部分、それとサイドのレースが紺色のベロアのショールです。
特にレースをサイドにリメイクでき、活かしたい部分を上手くアレンジできたので良かった、良かった。

        IMG_2981_convert_20140916021805.jpg

内布は贅沢にもリバティのカペル。キルト地なので優しくふんわりしています。そして手触りが物凄く良い!!
サラッとしていてなめらかで、さすがリバティです♡

内ポケットにはファスナーを付けました。
初挑戦だったんですけど、ずっとやりたかったんです。結果、初めてでキルト地にファスナーを付けるのは無謀でした(笑)
キルトの厚みが邪魔をして、ファスナーが真っ直ぐに付けられない。。。
ちゃんとコツがあることを付け終わってから知った私・・・
その時にはもうやり直す気力はなく(だってミシン針2本も折った)、次に活かそうという事で自分を納得させました(お義母さんゴメンナサイ)

バッグの底には底芯を入れてあるので、ちゃんと自立します。
入口の留め金はマグネットボタンにしました。
そして合皮の持ち手を付け、見返し、口布と、何とかちゃんとしたハンドバッグになりました。

IMG_2979_convert_20140916021655.jpg

口布も縫い目が表に出ないように、内側から手縫いでコの字閉じで縫いました。

何が大変だったかって、全部が大変だったんですけど、苦労したのは持ち手を付けるときと、口布を付けるとき。
もうゴールは近いという段階で、何度も何度もやり直し・・・
そんな苦労して作ったので、出来た時の達成感は半端なかったです。

春からの念願が叶って良かった♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する