スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

直線縫いって・・・

こんにちは。
広島県の大規模な土砂災害、報道で見るしかないのですが、あまりの被害の大きさに毎日心が痛みます。
未明時の災害で、どんなにか恐ろしいことだったでしょう。
被害に遭われた方のお見舞いと、亡くなられた方のご冥福を心より申し上げます。



最近、ミシンからご無沙汰でしたが、やっと作品作りを再開させました。
それでも作業が遅いので、少しずつ少しずつ、のろまなカメさんのようです。
他の方のブログを拝見すると、皆さん毎日のように作品を発表なさっているので、スゴイナァとただ感心するばかりです。

私がミシンでまず一番最初につまづいたところ・・・それは「直線を真っ直ぐに縫う」ということでした。
これ、基本中の基本ですが、案外「真っ直ぐ縫えないよー」と言う方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか?
でもこれが出来るようになると、少し「ミシンって面白い」と思えるようになるかもしれませんよ。

コツとしては、まず「ミシンの針を見ない」「ミシンのガイドなど、目じるしを作ってそれに沿って布を動かす」
という事だと思うんですよね。

      IMG_2829_convert_20140822035531.jpg

上は幅1㎝の部分を縫おうとしている所です。
クリップ邪魔でスミマセン。
私のいま使っているミシンには、幅に合わせてガイドが付いているので、それに合わせて真っ直ぐ布を置き、縫っています。

      IMG_2834_convert_20140822035805.jpg

この写真は幅1㍉の部分を縫っている所です。端ミシン、押さえミシン、コバをかけるとよく言われますが、作品を作るとき、端から1~2㍉の部分に真っ直ぐミシンを掛けるというのはよくあります。
この時はミシンの抑えの内側の部分を目じるしにして、それに布が平行に来るようにして真っ直ぐ縫っています。
「えー、1~2㍉のところなんて縫えないよ・・」とおっしゃる方もいらっしゃると思いますが、大丈夫!!
自分のミシンの針が落ちる部分から、縫いたい幅まで目印を作って、それに平行になるように布を置き、目じるしから逸れないように布を動かす。これだけなんです。

    IMG_2844_convert_20140822040230.jpg

これは以前使っていた家庭用ミシンです。
私は自分のよく使う幅を計って、マスキングテープを貼って使用していました。
家庭用ミシンはガイドが分かりづらかったりするので、マステを使うことで目じるしになります。
マステじゃなくても、セロハンテープにマジックで真っ直ぐ線を引いて貼っても良いんです。とにかく、目じるしになるものがあれば(笑)
そして、よくある失敗・・ミシンの針を見ながら縫う。
私も最初の頃はよくやりました。
針を見ながら縫うと、布が曲がって来ても気が付かないんです。結果、縫い目がアッチコッチに向いて、「あー、もうっ、ヤダ!!」ってことになりますよ。
針を見ないで、布を見る
これを心がけて下さいね。

          IMG_2835_convert_20140822035844.jpg

          IMG_2836_convert_20140822035922.jpg

そうこうしているうちに、幅1㎜と幅1㎝が縫えました。
これはバッグの内ポケットのゴム通しの部分でした♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。