子どもの方が断捨離に向いているのか?潔かったおもちゃの整理と、新居の照明いろいろ

こんにちは!!

お盆休みも、そろそろ終わりですね
私も昨日、実家のお墓参りをしてきました

新居の方も、今は工事関係がいったんお休みですが、また週の後半に仕上げ作業が入るみたいです

さて、息子の夏休み期間中にどうしてもやりたかったおもちゃの整理
前回ブログを更新した後に、重い腰を上げ、息子に協力してもらいました

まず、どうしても持っていきたい遊び道具を選択
選んだのは、ペットボトルの空き容器(ボウリングに使う)、ボール各種、積み木、鉄砲のおもちゃ、折り紙などでした
そして、どうしても持っていきたい、以外のおもちゃの中から、捨てたり、誰かにあげたくないおもちゃを選択
それ以外は、処分(誰かに譲ったり、寄付したり、捨てたり)することにしました

息子にひとつひとつ、確認しながら選んでいきましたが、今はもう遊ばなかったり、興味の薄れたおもちゃは続々と避けられて、かなりの数のおもちゃを整理しました
親の私の方が、思い出にふけってしまい、いちいち立ち止まりそうになったくらいで・・・( ;∀;)
そして思ったのは、高いとか安いとか、小さいころよく遊んだとか、あまり関係ないのね、ということ(もちろん、自分でお金を出して買っていないのでおもちゃの対価はわかりません)
たとえば、ペットボトルの空き容器なんて、大人にしてみたら要らないものなのに、本人には大事な遊び道具
逆に小さいころよく遊んで、いろいろ買いそろえていたレゴなんかは、「もういらない」
なんていうか・・・執着がない かといって、おもちゃを大事にしていない訳ではない
今夢中で遊びに使う物は、それが大人にとっては不必要な物でも、息子にとっては宝物で
逆に、いま遊ばない物や興味が薄れた物は、それがどんなに小さいころよく遊んだものでも、本人にとっては「卒業」

思い出にしばられているのは、親である私の方だったんだなと思ったのでした

まだ半分くらいしか整理しきれていないので、後半戦も頑張ろうと思います

ところで、新居の方には照明が付いたので、ちょっとご紹介
IMG_3122_convert_20170816023441.jpg
洗面所の照明は施主支給
以前、購入したエジソンランプのインダストリアルな照明が、カッコイイ

IMG_3120_convert_20170816023543.jpg
キッチンカウンター前のペンダントライトは、高低差を出してアンシンメトリーにしましたが、ダイニングのペンダントライトとのバランスもあるので(ダイニングの照明はこれから付きます)、それを見て、高さをそろえる方向にするかもしれません

IMG_3119_convert_20170816023654.jpg
寝室の方は、天井のダウンライトとベッドの枕元の灯りにしました

照明は結構頭を煮詰めて考えて、決めた照明を軸に内装を組み立てた場所もあったりします
そちらはまた、少しずつご紹介しますね

いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村の布物・布小物、片付け・収納 ランキングに参加しています
応援クリック、どうぞよろしくお願いします♪

にほんブログ村



スポンサーサイト

おうちづくり、完成間近です

こんにちは!!

お盆休みが始まりましたね
わが家でも、息子の夏休みが始まり(保育所なので、休み期間が短い)毎日、ワタワタと過ごしています
息子のお休み中に、おもちゃの整理をしようと思っているのですが、お互い、重い腰が上がらず、なかなか進まず、です( ;∀;)

家の方は、タイル張りや壁のクロス張りなどが進み、照明器具もついてきて、いよいよ完成間近になりました

IMG_3101_convert_20170812054653.jpg
新居の中で唯一カラフルなのは、息子の部屋のアクセントクロス(逆光で暗くてスミマセン)
新居は白を基調とした内装を心がけましたが、そのため息子の希望はことごとく却下したので、自室のクロスは息子の好みの色を選択しました
思いのほか、さわやかになって良かったかも(*^-^*)

IMG_3108_convert_20170812055227.jpg
同じく2階ですが、階段を上ってすぐ正面にあるワークスペース
窓際の照明が付きました
ワークっぽい無骨な照明を選びましたが、色に悩み、やはり白にしたのが正解でした
壁と違和感なく溶け込み、それでいてバッチリと個性を放っています

IMG_3093_convert_20170812055014.jpg
キッチンの換気扇周辺にはタイルを貼っています
こちらは、硬質な感じの白を選んでいます

こんな感じで、どんどん進んでいる新居の様子でした

いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村の布物・布小物、片付け・収納 ランキングに参加しています
応援クリック、どうぞよろしくお願いします♪

にほんブログ村



大事な物を手放すことで・・・芽生えてくる不思議な気持ち

こんにちは!!

引っ越しに向けて、少しずつ荷物を整理しています

これまで自分では「大事だ」と思っていた物も、手放したりしました
特に、思い出の品とか、好きで集めていた雑貨の数々
まだ捨てるには踏ん切りがつかず、新居に持ち越すものもたくさんありますが、
それでも、だいぶ捨ててきました

自分にとって大事だった物を捨てるとき、もちろん痛みが伴います
すごく迷うし悩むし踏ん切り付かないし、
どうしよう、どうしよう、どうしようって思って、一度捨てたのに、やっぱり捨てられなくてまた仕舞ったり
振り子のように心は揺れますが
でも、ある日ふと、「あ、もう捨てられるかも」と思う瞬間がやってきたりするのです

そして、大事だった物とお別れした後、不思議と「悲しい」という気持ちより
「ありがとう」の気持ちの方が強くなったりします

捨てることが物を粗末にしているとは、思わないです
捨てることで、心の痛みを知って、もうそんな思いをしたくないから、
次に選ぶものをもっと大事に、慎重に選べるようになるんじゃないかと
いまの私は、そう思っているのです

だから、「捨て」の神さまが降臨するまで、大事な物は大事にしようと、そう思います

いま、ブログを書いているこのパソコン
数日前に、液晶画面が二重になっておかしくなりました
購入したお店に持っていくと、「これは、画面ごと取り換えなきゃならないかもしれませんね」と言われて、
メーカーに問い合わせてもらったら数万円かかるとの返答でした
5年前に購入し、大事にしてきた相棒です
液晶画面を取り換える修理に出すか、新しいパソコンに買い替えるか、すごく悩みました
愛着があるので、なんとか元に戻らないかなと祈る思いでいたら、故障した翌々日くらいになぜか直っていました

故障している洗濯機
今まで粗末に扱っていました
故障して、それでも何とか頑張ってくれています
全自動洗濯機とは思えないほど、今は手間のかかる幼児みたいです
でも、それでも、お別れの日までちゃんと使おうと思って、洗濯しているときは付きっきりです
そうやって、壊れた洗濯機を眺めていると、不思議と故障して手間のかかる不満より
頑張ってくれてありがとうの気持ちが強くなってくるのです

そうやって、ギリギリまで踏ん張った後、手放した物たちへは、感謝の気持ちしか生まれないです

本気の本気で選んだ、洗面台の造作扉と、床のクッションフロア
IMG_3084_convert_20170809143638.jpg

IMG_3083_convert_20170809142214.jpg
玄関にあるRの飾り棚(金魚の水槽置き場)
このRの角度についても、工事担当者と一瞬火花が散りそうなくらい真剣に話し合いました(汗)

新居の方も、だいぶ完成に近づいてきていて楽しみです(*^-^*)


いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村の布物・布小物、片付け・収納 ランキングに参加しています
応援クリック、どうぞよろしくお願いします♪

にほんブログ村







めんどくさい・取りあえず

今日のブログのタイトル

片づけを始める前の、自分の心の声です
いつもいつも「めんどくさい」と「取りあえず」を、心の中で言ってました

「片づけるのめんどくさいなー。とりあえず、ここに置いておこう」
「今やるのめんどくさいなー。とりあえず、後にしよう」
「忙しいしめんどくさいなー。とりあえず・・」以下同文

おかげさまで、あらゆる物が床や机の上に「取りあえず」置かれたままになりました
「取りあえず」ですから、「そのうち」片づけるつもりだったのでしょう
だけど「そのうち」はなかなかやって来ず、「取りあえず」置かれた物たちは行き場もなく、そこに積み重なったまま
結果、何年も放置・・・

恐ろしいことに、散らかっても片付いてなくても、見慣れるとそれが「当たり前」になってしまうんですね
これが普通。ノープロブレム

家を建てることになって、いろいろと決めることが始まりました
1から100まで、いろんなことを決めなきゃならなくて、途中で挫折しそうなほど苦しくて
「もー、めんどくさい!!とりあえずこれでいいや!!!」とは・・・今回はなりませんでした
全て、全力投球で選びました
全部、全部
どれも1個も手を抜いたことはありませんでした

そして、思い知ったのです。
いかに、今まで無責任に暮らしていたのかを
自分がいかに不遜な態度だったのかを

今の家はガラクタだらけだと思っていたけど、ガラクタにしたのは私自身
選ぶことに真剣になったから、片づけることに真剣になり
片づけることを真剣にすると、選ぶ物も真剣になる

「取りあえず」という言葉が嫌いになりました

「めんどくさい」はね、まだまだ心の中にあるのですよ(笑)
だから、なんだか中途半端ですけど

IMG_3059_convert_20170806215356.jpg

花火大会の夜
花火が始まる前に日本最北の天文台で天体観測
天体望遠鏡で見た月のクレーターと、木星のガリレオ衛星
息子と変わりばんこで興奮して見ましたよ(*^-^*)

いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村の布物・布小物、片付け・収納 ランキングに参加しています
応援クリック、どうぞよろしくお願いします♪

にほんブログ村

服の賞味期限

こんにちは!!

来月の引っ越しに向けて、片付けを進めなければいけない時期です

憂うつなのは、服の断捨離
クローゼットには、全然着ないまま、賞味期限の切れた洋服がたくさんあるからです

「ナチュラルな服が好き」
結婚した当初から、ナチュラル系のファッション雑誌をよく読んでいました

真っ白なコットンリネンのワンピース
スカラップレースのペチコート
レース付きのエプロンドレス
ナチュラル素材のレギンスにクシュクシュソックス
Tストラップのペタンコシューズ、かごバッグ

その当時は仕事してたので、頑張ってたご褒美に・・・と、散在してました

憧れのファッションを手に入れた、それだけでもう満足でした
そして、憧れのファッションは・・・・・着ることがもったいなくて、着ていく場所がみつからなくて、クローゼットの中でまるでコレクションのように飾られて
いつの間にか10年近くが経ちました


ところで、私には息子がいます
現在、6歳
日々成長しています
子どもの服は、すぐに着られなくなります
去年ジャストサイズだった服が、今年はもう小さくて、無理やり着るとなんだかチグハグで、すぐに分かります
この服は、もう息子には合わなくなった
服の、賞味期限が切れたのでした

だけど、大人はそうはいかない
よっぽど、体型に変化がない限り、去年着れた服は今年も着られるし、来年も着られる
だからうっかりしていました
大人だって、年月とともに、変わっていくのだということを

たとえば
去年と同じ服を着ても、なんだかしっくりこない
明るい白が、かえって顔色を暗く見せている
影が出る

昨日と今日は続いてるかも知れない
だけど、昨日と1年前、2年前は、確実に違うのです
なのに、10年前に好きだった服をいまでも大事に大事に取っておいて
一度も着ることもなく

洋服は、わりとシビアに自分を見つめさせてくれます
捨てられるかな
現実と向き合えるかな
だから、洋服の断捨離は・・憂うつです
期限切れの判断を、自分でしなければならないので

IMG_3003_convert_20170803154942.jpg
新居は2階建てで、2階に寝室がありますが、家族のウォークインクローゼットは1階に配置です
隣が浴室兼洗面・洗濯室なので、洗濯して乾いた洗濯物をそのまま隣のウォークインクローゼットに仕舞おうという魂胆です
2階までわざわざたたんだ洗濯物を持っていかなくても良いという、カッコよく言えば時短家事、悪く言えば単なるズボラ(笑)

いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村の布物・布小物、片付け・収納 ランキングに参加しています
応援クリック、どうぞよろしくお願いします♪

にほんブログ村